STAFF

BLOG

スタッフブログ

ネット上でたくさんのデータをやり取りする方法:firestorage

こんにちは、スタッフまるやまです。
弊社にWebサイトのご依頼をいただいた際に、
たくさんの写真データをお送りただく場合がありますが、
どんな方法で送ればいいですか?
というご質問をいただくことがあります。
前回はGoogleドライブを使用した画像のやり取りをご紹介しました。

ネット上でたくさんのデータをやり取りする方法:Googleドライブ

今回は firestorageを使ったデータの送り方を紹介します。

まずは、データをフォルダにまとめて圧縮ファイルを作成します。
※圧縮ファイル以外でファイルの容量が大きいデータを送る場合にも利用できます。

 

firestorageで圧縮データを送る手順

 

1.firestorage(http://firestorage.jp)を開く

「ファイルをここでアップロード」にチェック

保存期間(1時間~7日間)とパスワードを設定可能です。

 

 2.ファイルのアップロード

ファイルをドラッグしてアップロードします。

 

 3.アドレスをコピーする

アップロードが完了するとダウンロードのURLが表示されます。
アドレスをコピーしてメール等でお送りください。

 
ただし、保存期間は最大7日間となりますのでお気を付けください。

firestorageを活用してスムーズにデータのやり取りをしましょう。

 

2019/08/30

STAFF:MARUYAMA

CONSULTING

Webサイトに関するご相談

リニューアルをしたい、ネット販売をしたい、現状のWebサイトの改善点を知りたいなど
さまざまなご相談にわたしたちがお応えいたします。

Webコンサルティングについて

Webサイトに関することなら
お気軽にご相談ください。