STAFF

BLOG

スタッフブログ

「色」でみるホームページ :青色編

色には人の心に働きかける心理効果があります。
前回のワタナベのブログ【「色」でみるホームページ :赤色編 】でもご紹介していましたが、
色が人に与えるイメージによって人を元気付けたり、落ち着かせたり、リラックスさせたりと人の心理にも働きかけます。
そのため、色が持つ心理効果を活用することによって、人に与えたい印象をより強め、人のこころを動かすことができるので、デザインにおいて色を決めていくことはとても重要です。

今回は弊社でおつくりしたホームページを参考に、青色のイメージをご紹介したいと思います。

 

青をメインカラーとした配色

先日紹介した赤色とは正反対に「寒色」と呼ばれる青色。
空を連想させ、涼しげな色であり、航空会社や清涼飲料水のコーポレートカラーとしても使用されています。

心理効果も赤色とは反対の効果となるので、興奮を抑え、冷静にさせる効果があります。
涼しさ、さわやかさ、知性や清潔さを感じさせてくれる色なので、信頼性や堅実性を押し出したいコーポレートサイトなどに多く使用され、「世界で一番好まれる色」とも言われています。(実際に弊社でおつくりしているホームページも青色メインのものが多いように思います。)

そのほかにも赤色が「食欲を増進させる色」であることと反対に、青色は食欲を減退させるため、食品を扱うサイトではあまり青色は用いられません。


(きれいではあるのですが、食欲は沸かないですよね…^^;)

 

連想するもの:水、海、空、地球、夏など
イメージ:堅実、信頼、冷たい、クール、冷静、知性、清潔、若い、さわやか、リラックス

 

青を使用したホームページ

ひまわり法律事務所 古屋文和 様

https://bengoshifuruya-law.com/
全体的に落ち着いた青色や紺とゴールドの組み合わせで重厚感のあるデザインにまとめ、信頼性と堅実性を確実に押し出しています。もちろんコンセプトにも合わせてカラーも変更していきますが、このように深い青色は士業などのサイトにはピッタリのカラーです。
文字のジャンプ率(大きさの差)を抑え、余白を適度にとることでバランスの取れた落ち着いた印象にまとめ、情報を整理しています。


税理士法人シグマパートナーズ 様

http://yamanashisouzoku.com/

こちらも士業関係のサイトなのですが、LP(ランディングページ)として、より親しみやすくお問い合わせにつなげるため、空をイメージさせる柔らかな水色と雲や鳥といったモチーフを使用し、さわやかなデザインでおつくりしています。
もちろん、カラーと同時に情報の整理を行い、「難しそうだな」と思われがちな相続税についてわかりやすく紹介しています。


あいざわ歯科クリニック 様

https://www.aizawa-dc.jp

こちらも深い青色をメインカラーとして使用していますが、ベースカラーの白を多く見せることで硬すぎない雰囲気に仕上げています。
深い青色で信頼性を持たせ、アクセントカラーとして使用されている明るい水色で清潔感を印象付けます。
専門性の高い内容も多いサイトですが、見出しの文字のジャンプ率を上げ、ページ内のリズムをつけえることでより読みやすいページ構成を意識しています。


ごとう歯科 様

https://www.gotohdental.com/

こちらも歯医者さんのサイトですが、より明度の高い青色を基調とし、白や薄いグレーをベースカラーとして全体的に穏やかな印象を抱かせます。
デザインは直線的なのですが、淡いブルーを基調にし、トーンをまとめることで印象が柔らかくなり、「歯医者さん=怖いところ」というイメージを払しょくできているのではないかと思います。

 

「青色」はいかがでしょうか?

寒色である青色が「世界で一番好まれる色」である理由がわかりましたね^^
もちろん付随するコンセプトをしっかりと考えて決めていくことが大切ですが、ホームページだけではなく、コーポレートカラーやロゴカラーを決めるときにも参考にしてみてはいかがでしょうか?

今後『「色」でみるホームページ』はシリーズで赤色以外の色もご紹介したいと思いますので、BISCOMブログを要チェックです!

前回までの記事

2019/09/03

STAFF:WATANABE

おすすめの関連記事

CONSULTING

Webサイトに関するご相談

リニューアルをしたい、ネット販売をしたい、現状のWebサイトの改善点を知りたいなど
さまざまなご相談にわたしたちがお応えいたします。

Webコンサルティングについて

Webサイトに関することなら
お気軽にご相談ください。