STAFF

BLOG

スタッフブログ

デザインはビジュアルだけではないんです

 

こんにちは、スタッフわたなべです。

あたらしくなった弊社のホームページ。
私もたくさんイラストを描かせていただいたので、とてもお気に入りなのですが、
サイトのリニューアルに伴い、制作実績もあたらしくなっています。
その制作コメントを書き出していた時のこと。

過去に制作したサイトをひとつひとつ確認しながら、それぞれ何のサイトなのか、
どういう意図で作成をしたかコメントを書き出していたのですが、どのサイトも
そのクライアント様の特徴がぱっと分かるものばかり…!

私が制作にかかわっていたサイトはもちろん分かるのですが、私が入社前に制作されたサイトも、
どれもひと目見ただけで、どんなサイトで、どんな特徴のある会社なのか、一目瞭然でした。

そんなとき、ちょうど先日デザインのフィードバックに社長から言われた言葉を思い出しました。

デザインはビジュアルだけではなく、クライアント様の特徴を

最大限に引き出し伝えてあげることが大切

弊社のサイトでは当たり前のように、クライアント様の特徴がぱっと分かるように
作られていたんだなと実感しました。

 

そもそもデザインってなに?

私もデザイナーとしてデザインに仕事としてかかわるまでは
「デザイナーって見た目をかっこよくする人なんでしょ」と、思っていました。

しかし、デザインは「見た目」をきれいにするだけではないんです。

デザインとは単にどのように見えるか、どのように感じるかということではない。
どう機能するかだ。

ースティーブ・ジョブス

かの有名なスティーブジョブスの言葉にもあるように、デザインは見た目だけではなく、
「どう機能するか」が大切です。もちろん、見た目をととのえることも大切なのですが、
「それによってどう機能するか、問題解決につながるか」が一番重要で、Webデザインは特に
見た目をきれいにするだけではなく、クライアント様のことが伝わるよう機能していくこと
重要なのだと思います。

 

良いホームページとは?

「良いホームページとは何か?」というと、いろいろな観点からいろいろな意見があるかと思いますが、
今日は「良いホームページ」にするために弊社で行っている「クライアント様の特徴を最大に伝える」
という点をかんたんにまとめてみたいと思います。

 

1.伝えるまえにまず知る

良さを伝えるためには、もちろん私たちがクライアント様のことをよく知っていることが大切です。
そのために、既存サイトやクライアント様からいただいた資料を徹底的に読みこみ、
その業界のことについても広く調べ、さらにヒアリングを重ねます。
競合他社さんについても幅広く調べ、クライアント様にしかない強みを洗い出していきます。

 

2.ページ構成やコンテンツ内容で良さを伝える

クライアント様の良さ、強みを洗い出したら、それを最大限に伝えるために、
ページ構成やコンテンツ内容を設計します。
「クライアント様の特徴はどこに置いたらユーザーの目につきやすいか」
「どのような内容で読んでもらえればクライアント様の特徴が伝わりやすいか」など、
多角的に考えながら詰めていきます。

 

3.もちろん視覚的に訴え、わかりやすくする

内容の次はもちろん見た目も大切です。
目立たせたい情報をどのようなビジュアルで見せるか、目に留まるために
色を工夫したり、余白の使い方に気を配ったり。
そして、使用するフォントの選び方や文字の組み方のような端々にも
その「クライアント様らしさ」があらわれるよう、最大限に配慮し、
工夫しながら見た目のデザインを行います。

 

ということで、弊社ホームページのリニューアルをきっかけに
「良いホームページ」とはなにか、かんたんに3つにまとめてみましたが、
日々デザインの鍛錬を目指す私にとっても再確認できた良い機会でした^^

これからも、日々このようなことに気をつかいながら制作に携わっていきたいと思います!

 

2019/02/26

STAFF:WATANABE

おすすめの関連記事

CONSULTING

Webサイトに関するご相談

リニューアルをしたい、ネット販売をしたい、現状のWebサイトの改善点を知りたいなど
さまざまなご相談にわたしたちがお応えいたします。

Webコンサルティングについて

Webサイトに関することなら
お気軽にご相談ください。